【 吹き替え 】

6才のボクが、大人になるまで。

『6才のボクが、大人になるまで。』(6さいのボクがおとなになるまで、原題: Boyhood)は2014年のアメリカ合衆国のドラマ映画である。監督・脚本はリチャード・リンクレイター、主演はパトリシア・アークエット、イーサン・ホーク、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター(リチャード・リンクレイターの実の娘)である。本作はメイソンとオリヴィアが離婚後に、息子であるメイソン・ジュニアを12年間(6歳から18歳まで)にわたって育てる中で、関係が変化していく様子を描写したものである[8][9]。本作の撮影は、コルトレーン演じるメイソン・ジュニアが子供から青年に成長していく姿を描くために、2002年の夏から2013年の10月まで12年間を通して断続的に行われた。

キャスト
メイソン・エヴァンス・ジュニア – エラー・コルトレーン(小林由美子/畠中祐): 本作の主人公
オリヴィア・エヴァンス – パトリシア・アークエット(松本梨香): メイソンの母親
サマンサ・エヴァンス – ローレライ・リンクレイター(須藤祐実): メイソンの姉
メイソン・エヴァンス・シニア – イーサン・ホーク(宮本充): メイソンの父親
キャサリン – リビー・ヴィラーリ: オリヴィアの母親
ビル・ウェルブロック – マルコ・ペレッラ(大塚芳忠): オリヴィアの二番目の夫

这作好像评价很高,等我有时间了慢慢看。


————本日志版权归花莫笑所有。
日志内的相关图文请勿转载。