黒と金の開かない鍵-嫉妬されちゃうブログパーツ-1-85

黒と金の開かない鍵-嫉妬されちゃうブログパーツ 1-85
http://little-cheese.jp/contents/jealousy_bp/


01「……君は誰だ? 見かけない顔だな。どこから入ってきた?」
02「用がないようならそこをどいてくれ。俺は忙しい。」
03「俺に話しかけているのか? 誰かと違えているのではないのか?」
04「静かにしてくれないか? 今、考えている最中だ。」
05「何の用事だ? もっと、はっきり話してくれ。」
06「俺は忙しい。急ぎでなければ、後にしてくれないか。」
07「早く用件を言ってくれ。時間が無駄になってしまう。」
08「ああ、君か。何をしているかって? 悪いが、君には関係のない事だ。」
09「君は暇なのか? こうして、俺と話していてもつまらないだろう。」
10「すまない。これから会議なんだ。話は後にしてくれないか?」
11「どうしたんだ? 残念ながら、今は君の力になれそうにない。」
12「話は済んだか? では、俺はこれで失礼させてもらうぞ。」
13「俺に話しかける暇があるのなら、きちんと復習をするといい。」
14「よく話しかけてくれるが、俺と話して楽しいのか?」
15「最近良く会うな。偶然だろうが、毎回声を掛けなくてもいいんだぞ。」
16「早く飽きると思っていたが、まあ、いい。気が向いたらまた来なさい。」
17「悩みがあるのなら相談に乗ろう。いつでも言いに来るといい。」
18「勉強はしているのか? 成績が悪いなら今度指導室に来るといい。」
19「大丈夫だ、今なら時間があるが……どうする?」
20「どうした? まだ帰らないのか? 何かすることがあるなら手伝おう。」
21「学園祭の用意か? 困ったことがあったら、俺に言ってくれ。」
22「まだ学園にいたのか? 帰り道は気をつけて帰るんだぞ。」
23「もうすぐテストだな。勉強は進んでいるか? がんばれよ。」
24「これからテストの採点だ。君のは特別、厳しく見てあげよう。」
25「最近のスカートは短すぎないか? 見ていて、少しひやひやするぞ。」
26「君は古文好きか? どうしたら、皆興味を持ってくれるんだろうな。」
27「弁当か、どんな中身か見せてもらっていいか? 中々カラフルだな。」
28「今日は嬉しそうだな。何かいいことがあったのか?」
29「放課後も勉強とは感心だな。どうしても詰まった時は聞きに来い。」
30「君は俺が怖くないのか? いや、他の教え子には良く怖がられるからな。」
31「暇なら指導室へ来い。俺が君に徹底的に勉強を教えてやろう。」
32「君の話はいつも面白いな。また、今度聞かせてくれ。」
33「随分重いものを持たされたな、大丈夫か? 半分もってやろう。」
34「そろそろ学園が閉まる時間だろう。門のところまで、送っていこう。」
35「君の顔をみると、なぜか少しほっとする。なぜだろうな……。」
36「今日は来るのが少し遅かったんじゃないか?」
37「…甘いものは好きか? 今度、指導室へ来れば食べさせてやるぞ。」
38「君は何かクラブに入っているのか? 童話に……興味はないよな。」
39「誰かを待っているのか? 遅いから一緒にいよう。」
40「俺などと話しても……いや、なんでもない。気にしないでくれ。」
41「前髪を少し切ったか? うん? ……似合っているじゃないか。」
42「まだ、帰らないのか? 暇なら、俺とお茶を付き合わないか?」
43「今日はどんな楽しいことがあったんだ? 教えてくれないか?」
44「いい天気だな、明日は何か予定があるのか? いや、別に何もないが。」
45「偶然だな、こんなところで会うなんて。偶然ついでに送っていこう。」
46「勉強も大切だが息抜きも必要だぞ。君はがんばり過ぎるからな。」
47「この本、なかなか面白かったんだが、君も読まないか?」
48「授業参観だな。あとで君の両親にも挨拶しておくか。」
49「将来何になりんたいんだ? 俺に出来ることなら、なんでも協力するぞ。」
50「私服の君は初めてみたよ。なんだか新鮮で、不思議な気分だな。」
51「時間が過ぎるのが早いな。君の話が面白いからだな。」
52「今日は……そうか予定があるのか。俺は大人しく指導室へ戻ろう。」
53「もう少しだけ、話していかないか? 無論、君の意思は尊重するが……。」
54「随分遅くなってしまったな。今日は遅いから家の近くまで送ろう。」
55「君にも好きな……いや、なんでもない。聞かなかったことにしてくれ。」
56「夜道には気をつけるんだぞ。俺がいつもついてやれればいいんだが……。」
57「もう少し早く来い……何があったのかと心配してしまうだろう。」
58「スカートが短すぎないか? 男子にのぞかれるだろう。やめてくれ。」
59「どうした、俯いて……。まさか、何かされたんじゃないだろうな。」
60「今日も君の顔が見られてよかった。落ち着くよ。」
61「新しいお菓子を見つけたんだが、食べていかないか?」
62「勉強ははかどっているか? なら、指導室へ場所を移そう。」
63「君の笑顔を見ると元気になる。顔を見せてくれてありがとう。」
64「今日は会議があるんだが、指導室で待っててくれ。必ず行くから。」
65「まだ帰らないでくれ。学園が閉まるまでもう少しあるだろう。」
66「君と並んで歩いたらどう見えるだろうな……やはり、教え子と教師か?」
67「成績が落ちているが……まあ、君なら大丈夫だろう。信頼している。」
68「何の音だ? 携帯か……そんなもの君には必要ないんじゃないのか?」
69「君はどんな本を読むんだ? よければ今度教えてくれないか?」
70「写真か……俺は別に構わないが……他のクラスメートには内緒だぞ。」
71「君の字は個性的だな……俺は好きだがな。」
72「昨日俺が作ったお菓子だ。よかったら食べてくれないか?」
73「忙しくても、一日に一度は顔を見せてくれると嬉しい。」
74「俺がもっと遅く生まれてくれば、君と……。」
75「放課後、待っていてくれないか? 君に話があるんだ。」
76「誰かに言い寄られていないか? 迫られてもちゃんと断るんだぞ。」
77「さっき一緒にいた男は誰だ? 変な奴に騙されてるんじゃないだろうな」
78「今日は送らせてくれ。できるだけ長く君と一緒に居たいんだ。」
79「試験が終わるまで勉強していくといい。なんなら、休日も俺の部屋で。」
80「今のは君の友達なのか? あの中に彼氏がいるわけではないだろうな。」
81「君のことを考えると仕事が手につかないんだ。俺はどうしたらいい?」
82「いい子だ。次もがんばれるよう、俺がご褒美をやろう。」
83「君が嬉しいと思う言葉は何だ? 聞く理由は言わなくてもわかるだろう。」
84「明日会えるなら、必ず俺に会いに来てほしい。……待っている。」
85「もう、言わなくてもわかっていると思うが……ずっと一緒にいてほしい。」

下載
http://www.uudisc.com/user/sukicnnet1/files/3507196


更新日:2012/09/01 · 10:56


————本日志版权归花莫笑所有。
日志内的相关图文请勿转载。

コメント

  1. Katrina说道:

    笑提醒了我! 要去翼夢下這個遊戲~~