【 ラジオ 】

迷家‐マヨイガ‐ 「納鳴村 村役場広報課」第08回

発売日 20160526 評価

迷家‐マヨイガ‐ 「納鳴村 村役場広報課」

最新更新分 第08回2016年5月26日 配信

334_pgn01-2

第8回パーソナリティ
ドザエもん 役 新垣樽助+
トシボーイ 役 高橋伸也

高橋:
僕のプロレスに快く付き合ってくださった新垣さんが好きです。
その一言に尽きるひとときでした。

新垣:
高橋さんの声が好きです。
その一言に尽きるひとときでした。

コーナー紹介

▼ 納鳴村郵便局
村民からの普通のお便りを募集します。
アニメの感想、各回のパーソナリティへの質問、いつか来るかもしれないキャストへのメッセージなど、なんでもお送りください。
▼ 納鳴村の七不思議 NEW
アニメの舞台である「納鳴村(ななきむら)」の「なな」にちなんで、村に伝わる七不思議を作ってしまおうというコーナーです。
パーソナリティの不思議体験や、リスナーの身の回りの噂話、地元の伝承など、納鳴村の七不思議に加えていきます。
七不思議の選定は各回のパーソナリティの独断と偏見により決定します。
このコーナーが終了するまで残った不思議が、「納鳴村七不思議」として認定されます。
▼ 納鳴村 お悩みツアープランニング
リスナーからの悩みに対し、パーソナリティが悩みを解決できる、最適なツアープランを提案します。

現在のテーマは「やりなおしたいこと」です。

納鳴村 七不思議

一.追いかけてくるお婆さん
   謎の呪文を唱えながらお婆さんが追いかけてくる。
   通学路に出現。目的は不明。

二.父のドッペルゲンガー
   リスナーの父が、勤め先の部下に顔も声も全く同じ人物と話したと言われる。
   謎の人物は「外の様子を見てくる」と告げてどこかへ消えた。

三.衰弱時に見る悪夢
   疲れているときに必ず悪夢を見る。幼少期より、いつも同じ内容の夢。
   謎の老人に飲み込まれ、大きな球に追いかけられ、皮を剥がれ吊るされた人々を目撃する。
   目が覚めたとき、汗や涙で枕が濡れている。

四.迷家‐マヨイガ‐アフレコスタジオの妖精
   迷家‐マヨイガ‐のアフレコスタジオに妖精(水島監督)が常駐している。
   喫煙所の隅っこで三角座りしている。

五.廊下に現れた黒い影
   寝る前に洗面所へ向かう途中の廊下で黒い影を目撃。
   リスナーの母曰く、近くに川があると時々“そういうもの”が来るらしい。

六.肝試しで見つけた黄色のドア
   近所の廃墟に肝試しに行ったとき、塵ひとつない綺麗な黄色いドアを発見。
   周りの荒廃ぶりとの明らかな違和感を覚え、開かずに引き返した。
   恐らく、高円寺の2LDK(17万)の部屋に繋がっている。

七.ポラロイドに写った黒い影
   雑誌取材の写真撮影で、謎の黒い影が人を覆うように写っていた。

⊙⊥⊙

最終修改於:2016/05/30 · 17:11


————本日志版权归花莫笑所有,日志内的相关图文请勿转载!!